飯塚ふさみ容疑者の顔画像は?SNSは?勤務先は?

今月7月31日昼過ぎ、群馬県上野村の林道で、飯塚ふさみ容疑者の運転する車が親子2人に突っ込み父親が死亡するという事件が発生しました。

またしても高齢ドライバーによる事故です。

以下その詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

事件概要

上野村勝山の森林公園「まほーばの森」の近くの路上で31日昼、69歳の女が運転する軽乗用車が親子連れに突っ込んだ死傷事故は、夏の余暇を楽しみにしていた観光客らに衝撃を与えた。高齢ドライバーが起こす交通事故が県内でも後を絶たない中、悲劇は繰り返された。藤岡署が詳しい原因を調べている。  公園を管理する上野振興公社の滝沢延匡常務(38)が現場に駆けつけると、死亡した太田市宝町の獣医師、内山明彦さん(49)とともにはねられた小学2年の息子(8)の救出活動が行われていたという。  車を運転していた上野村新羽丙の同社パート従業員、飯塚ふさみ容疑者=自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕=の様子について、滝沢常務は「放心状態だった」と証言した。  飯塚容疑者は、近くのコテージの清掃業務を終え、管理事務所に戻る途中だった。現場は公園近くの道路で、飯塚容疑者からみて下り勾配だった。  公園には、コテージやキャンプ場を併設。巨大つり橋「上野スカイブリッジ」などの観光スポットに近く、親子連れなど多くの観光客が訪れる。  県内では、前橋市で85歳の男が運転する乗用車が自転車で登校中の女子高生2人をはねて死傷させる事故が1月に発生。県警が高齢者に運転免許の自主返納を促すなど事故の再発防止策を探っている。

産経ニュース

画像引用 日テレニュース

はねられた父親の内山明彦さんは残念ながら亡くなり、息子さんは太田市内の病院へドクターヘリで搬送され、何とか一命を取り留めました。

 

事故の現場は?

報道によりますと、上野村勝山の森林公園「まほーばの森」の近くの路上とのことでした。

飯塚ふさみ容疑者は近くのレジャー施設のパート従業員で、施設の事務所へ向かう途中に起きた事故のようです。

飯塚ふさみ容疑者が前を歩く親子二人に気づかなかったことで起きた可能性があるようです。

飯塚ふさみ容疑者は高齢者であることから運転能力にも疑問が残ります。

スポンサーリンク

 

飯塚ふさみ容疑者の顔画像は?

名前:飯塚 ふさみ

年齢:69歳

住所:上野村新羽

職業:上野振興公社のパート清掃員

飯塚ふさみ容疑者の顔画像を調べたところ、少なくともメディアの報道では、情報は公開されていませんでした。

今後顔画像が公開される可能性もあるため、情報が入り次第追記致します。

 

飯塚ふさみ容疑者のfacebookなどのSNSは?

飯塚ふさみ容疑者のfacebookアカウントを調べたところ、本人とみられるアカウントは見つかりませんでした。

ツイッターなどSNSアカウントも見つかりませんでした。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

家族の団らんの最中に起こったとても悲しいじこでした…

ここ最近、高齢ドライバーの方による自動車事故が後を絶ちません。

高齢者だからと言って、偏見に基づいた非難は避けたいものですが、こうも頻発されますと、国をもってして、何かしらの対応は絶対に必要でしょう。

とはいえ、残念ながら改善される兆しは全く感じられませんが…

本格的に夏シーズンとなり、特に学生は夏休みがスタートします。

平成最後の夏を楽しみつつも、自分の身を守れるのは自分自身だという注意も忘れないようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする