樋田淳也容疑者の最新の足取情報!約3週間の逃走方法とは!?

大阪の脱走犯人が逃走から早3週間が経ちました。

警察署からの逃走でここまで長期間逃げ続けられているのは珍しいのではないでしょうか…

そんな脱走犯、樋田淳也容疑者の最新の足取情報が入りました。

以下、詳細です。

スポンサーリンク

最新の足取情報

大阪の警察署から男が逃走した事件で、男の知人の自転車から、男が書いたとみられるメモが見つかっていたことがわかった。

樋田淳也容疑者(30)は8月、勾留されていた富田林警察署から逃走し、3週間たった今も捕まっていない。

捜査関係者によると、樋田容疑者は、逃走から2日後の8月14日ごろ、尼崎市の知人男性を頼り、「携帯電話の番号を教えてほしい」などと書いたメモを、男性の自転車に残したとみられる。

男性は、そのメモを捨てていて、依頼にも応じていない。

メモには差出人が書かれていなかったが、ほかにも「逃げるか捕まるか迷っている」と書かれていて、警察は、樋田容疑者が知人を頼り、接触を図ったとみて捜査している。

Yahoo!ニュース

どうやら、知人を頼ろうとしたようですが、知人は応じなかったとのことです。

しかし、ここまで逃げられているからには協力者がいてもおかしくないですね…

推定逃走ルート
スポンサーリンク

メディアの報道では、知人に頼ろうとしたメモは、逃走から2日後の8月14日ごろ、尼崎市の知人男性の自転車に残したとのことで、

以前のメディアの報道との逃走ルートと合わせると、

のようになり、14日に尼崎市の知人男性を頼ろうとし、失敗したため、東住吉区へと戻ったようです。

一度兵庫へ進出してから大阪へと戻ったのですね。

まとめ

逃走から早3週間ということで、樋田淳也容疑者の足取りは、警察も掴むのにとても苦労しているみたいですね。

なにせ、8月14日ごろの情報が今頃になって、メディアの報道に流れるくらいですから…

あえて、流さなかったという可能性もありますが…

こういった逃走劇は、犯人の精神的な負荷が大きく、諦めて出頭するケースが多いそうで、樋田淳也容疑者もそれをほのめかしていたようなので、解決も時間の問題でしょうね。

一刻も早く解決するのを願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする