警察署の留置所で自殺!?ひき逃げ犯が自殺!?田村邦男の顔画像は?

埼玉県で、ひき逃げ容疑で逮捕された74歳の男、田村邦男容疑者が警察署の留置場で意識不明の状態で見つかり、その後、死亡するという事件が発生しました。

以下、詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件概要

埼玉県越生町の県道で75歳の女性がひき逃げされて死亡した事件で、逮捕された行政書士で74歳の男が警察署の留置場で意識不明の状態で見つかり、その後、死亡しました。

 行政書士の田村邦男容疑者は、飯塚三重子さんをひき逃げして死亡させたとして逮捕され、埼玉県警西入間署に勾留されていましたが、3日午前7時すぎ、留置場で意識不明の状態で見つかり、その後、死亡しました。前日午後9時に消灯した際に生存が確認されていましたが、見回りの時は頭まで布団をかぶっていました。翌朝、田村容疑者が起きてこないことから確認すると、鼻や口にトイレットペーパーが詰められていたということです。警察は田村容疑者が自殺した可能性があるとみて、死因を詳しく調べることにしています。田村容疑者は当初、容疑を否認していましたが、その後、認めていました。

ANN NEWS

・布団を頭まで被り、うつぶせの状態。

・鼻や口にトイレットペーパーのようなものが詰まっていた。

・搬送先の病院で気道などの口腔(こうくう)内からもトイレットぺーパーが確認された。男の部屋に同居人はおらず、支給品として1ロールのトイレットペーパーが配布されていた。

・先月28日にひき逃げなどの疑いで逮捕され、田村容疑者は当初、容疑を否認していましたが、その後、認めていました。

田村邦男の顔画像は?
スポンサーリンク

メディアの報道では、田村容疑者の顔画像は、現状公表されていません。

情報更新がありましたら追記いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする