GT-Rで爆走!?国内最高記録の280㌔!?動画投稿で逮捕か!?男の顔画像は!?

2018年1月、東大阪市の自動車専用道路を、スピード違反としては過去最速とみられる時速280kmで走行した疑いで、35歳の男が書類送検されました。

男は過去に何度もスピード違反の爆走を繰り返し、爆走動画をYouTubeに投稿していたとのことです。

以下、事件の詳細です。

スポンサーリンク

事件概要

時速280kmで暴走し、書類送検された男。
過去にも、危険な運転を繰り返していた。

YouTubeに投稿された動画。
パトカーに止まるよう求められた車が、警告どおりに停車する。

ところが、次の瞬間。
一気に加速し、パトカーを振り切った。

爆走する、この車のハンドルを握っていたのは、あの人物だった。

2018年1月、東大阪市の自動車専用道路を、スピード違反としては過去最速とみられる時速280kmで走行した疑いで、書類送検された35歳の男。

このケースを含め、男は複数の爆走動画をYouTubeに投稿していた。

パトカー振り切り映像もその1つ。

なぜ、こうした動画の投稿を繰り返したのか。

男は、「なんとなく動画を上げただけだ」と話している。

一歩間違えば、他人を巻き込む重大事故に発展しかねない行為。
なんとなくでは済まされない。

男は、10年以上前にも、大阪市内の高速道路で大幅なスピード違反をしたとして逮捕されていたこともわかった。

懲りない男の、危険な暴走。

警察の調べに、男は「10回ほど同じようなことをして動画をアップした」と話している。

FNN PRIME

メディアの報道では、280kmとありますが、映像の速度表示を見るとほぼ300kmでしょう…

男の顔画像は!?

スポンサーリンク

現時点でのメディアの報道では、書類送検された35歳の男の容姿が確認できるものはありませんでした。

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

事件現場は!?

メディアの報道では、犯行現場は

東大阪市の第2阪奈道路であるとのことです。

今年1月12日午前4時10分ごろ、東大阪市の第2阪奈道路のトンネル内でナンバープレートを隠し、制限速度(時速60キロ)を約220キロ上回る時速約280キロで走行したとしたとのことです。

 「動画サイトに危険な車が投稿されている」との情報提供が府警に寄せられ、城東署などが動画の解析で時速が約280キロに上ると裏付けた。

Youtubeに投稿された動画を確認すると、日産のスポーツカー「GT-R」でトンネル内を急加速し、速度表示が300キロに達する様子も映っています。

車はリミッターが外され、通常より速度が出るように改造されていたという。

参考画像引用

問題の動画

スポンサーリンク

犯行動機は!?

気になる犯行動機ですが、メディアの報道では、

男は府警の調べに対し、「10回ほど同じようなことをして(動画を)アップした。みんなに見てほしかった」と供述しているとのことです。

動画を上げる動機としては、「なんとなく」とも供述しているそうです。

FNN PRIME

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする