小野晃人の顔画像は!?SNSは!?焼き肉店火災で経営者逮捕!?

2017年4月、群馬・渋川市の焼き肉店で、35歳の男性が死亡した火事で、焼き肉店を経営する男が、業務上過失致死傷の疑いで逮捕されました。

以下、事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク





事件概要

去年4月、群馬県渋川市の焼肉店で起きた火災で店の経営者が逮捕されました。火災では、天井に張られたよしずに七輪の火が引火して男性客が死亡しました。

 小野晃人容疑者(39)は、経営していた焼肉店で天井を覆ったよしずに火が引火する恐れがあったにもかかわらず、撤去せずに営業を続け、去年4月によしずが燃え広がった火災で客2人を死傷させた疑いが持たれています。警察によりますと、小野容疑者は雰囲気作りのために店の天井をよしずで覆っていたほか、当時、店に簡易消火スプレーしか消火設備を置いていませんでした。小野容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

テレ朝NEWS

小野晃人容疑者は、自身で排気ダクトを取り付け、天井の葦簀(よしず)に引火して火災が発生したとのことです。

調べに対し、小野晃人容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているようです。

スポンサーリンク





小野容疑者顔画像は!?

メディアの報道では、小野容疑者の容姿が確認できる報道は現段階ではありませんでした

SNSにおいて小野容疑者のものとみられるアカウントの特定には至りませんでした。

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

事件現場は!?

 事件現場となった焼き肉店は、

群馬県渋川市渋川1827ー37にある「ホルモンKou」というお店です。

今現在この「じけんげんばは!?ホルモンKou」で検索をかけてみると、「閉業」と出ます。

この事件をきっかけにお店をたたんだのでしょうか…

スポンサーリンク





葦簀(よしず)とは!?

今回の火事の原因となった、葦簀(よしず)とはいったい何なのでしょうか?

コトバンクによるとよしすだれ。

ヨシの茎を編んで作った簀(す)。
よしすだれ。人目や日ざしをさえぎるのに使う。
コトバンク
とのことで、簾(すだれ)の一種のようです。
簾との違いは材料。
そして、使い方が、簾はカーテンの様につるして使うことが可能であるが、葦簀(よしず)は立てかけてあるものを指すそうです。
簾(すだれ)
画像引用
葦簀(よしず)
画像引用
簾(すだれ)にも立てかけて使う、材料に竹が使われる場合に「立て簾(たてす)」と呼ばれるものがあり、葦簀(よしず)もその一種のようです。
参考サイト

ネットの反応

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする