サミュエル・リトル、全米史上最悪の連続殺人か!?78歳男が90人殺害を自供!?

アメリカ・テキサス州で、収監中の78歳の受刑者の男が、

アメリカ各地で合わせて90人もの殺害を行ったと自供したことがわかりましたとのことです。

アメリカ史上最悪の連続殺人事件となる可能性があるそうです。

以下、事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件概要

アメリカ・テキサス州で、収監中の78歳の受刑者の男が、アメリカ各地で合わせて90人もの殺害を行ったと自供したことがわかりました。アメリカ史上最悪の連続殺人事件となる可能性があります。

 連邦捜査局=FBIによりますと、テキサス州の刑務所に収監されている元ボクサーのサミュエル・リトル受刑者(78)が、1970年から2005年にかけ、カリフォルニア州からフロリダ州まで全米各地でおよそ90人を殺害したと自供しました。

 薬物中毒者や売春を行う女性を狙ったとしていて、うち34人の殺害については捜査当局が裏付けをとったということですが、自供した90件すべてが確認されれば、アメリカ史上最悪の連続殺人事件となる可能性があります。

 リトル受刑者は2012年に南部ケンタッキー州で薬物乱用などの容疑で身柄を拘束され、DNA鑑定からロサンゼルスで3人の女性を殺害したことが発覚、2014年に終身刑の判決を受けています。

TBS NEWS

リトル受刑者は2012年に南部ケンタッキー州で薬物乱用などの容疑で身柄を拘束され、DNA鑑定からロサンゼルスで3人の女性を殺害したことが発覚して逮捕されました。

2014年に終身刑の判決を受けています。

そんな人物が収監中に衝撃の自供をしたというのだそうです…

スポンサーリンク

サミュエル・リトル受刑者の詳細

まずは気になるその容姿ですが、

メディアの報道では、サミュエル・リトル受刑者の容姿が確認できる報道がなされていました。

以下がそれになります。

TBS NEWS

Samuel Little (サミュエル・リトル)

1940年6月7日生まれ、御年78歳の元ボクサ

約56年間で、暴行、武装強盗、窃盗、薬物違反など、あらゆる犯罪歴を持っていたそうです。

投獄期間こそ10年に満たないが、全米24もの州で100ページを超える犯罪歴があるとのこと…


2012年、アメリカ・ケンタッキー州のホームレスシェルターで、麻薬吸引パイプを所持したとしてリトルは逮捕される。

逮捕されたリトルにDNA鑑定をしたところ、少なくとも3件の未解決事件の加害者であるDNAと一致した。

その未解決事件とは、1989年にロサンゼルスで立て続けに発生した殺人事件で、若い女性が殴られ意識を失った上で絞め殺されるというものだった。

しかも、絞め殺す前に、女性の下半身を脱がせ、女性の体中に自慰射精するという異様な事件だった。

リトルは住居を転々としており、殺人を犯すたびに移動していた。

全米のあらゆる州の未解決事件を掘り返してみると、リトルが犯した3つの事件と手口が全く同じ事件がいくつもあることが判明した。

無罪を主張した事件もあるものの、2014年に終身刑の判決を受けています。

そんなリトル容疑者がこの度、2018年11月、実はこれまで90人を殺害したと告白したとのことです。

1970年から2005年の間に殺人を繰り返し、捜査当局は現段階で34人の殺害を確認したそんなうです。

今後、さらなる捜査により、90人の殺害が確認されれば、米史上最悪の連続殺人事件になる可能性があります。

スポンサーリンク

ネットの反応

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は恐ろしい殺人鬼の告白でしたね。

もし本当に90人を殺害していたとすると、本当に恐ろしいです。

しかし実際にそんな大量に殺人を行いながら、犯行が明るみになったのは逮捕のきっかけとなった3人の事案だけというのも驚きです。

スケールが違いますね…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする