石橋和歩の顔画像は!?メディアに送った手紙がひどい!?元交際相手の証言!?パトカーを煽る!?日常的な「煽り運転」で死亡事故を引き起こす!?

東名高速で「あおり運転」を行い、死亡事故を引き起こしたという事件が発生していました。

その、危険運転致死傷などの罪に問われた男の裁判で

6日に、「あおり運転」を伴う別の3つの事件について審理が行われた。

以下、事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件概要

東名高速で「あおり運転」の末、死亡事故を引き起こしたとして、危険運転致死傷などの罪に問われた男の裁判で、6日は、「あおり運転」を伴う別の3つの事件について審理が行われた。

石橋和歩被告は去年6月、「あおり運転」の末、萩山嘉久さんと妻を死亡させた危険運転致死傷などの罪に問われている。石橋被告は、この事件とは別に「あおり運転」を伴う3つの事件で、器物損壊と強要未遂の罪に問われているが、6日は、この3件について審理が行われた。

検察側は、「いずれも交通上のトラブルをきっかけに被告が憤慨して起こした事件だ」と指摘した。さらに、石橋被告の元交際相手が供述調書の中で、「和歩はドライブが好きでよくしていたが、交通トラブルが起きない日は数えるくらいしかなかった」などと話していたことを明らかにした。

また、3件のうち1件は、死亡事故から2か月後の去年8月に起きたものだったが、その時の被害者が出廷し、石橋被告が、「人を殴るために生きている」などと叫んでいたことを生々しく語った。裁判5日目の7日は、証人尋問などが行われる予定。

日テレNEWS24

東名高速での「あおり運転」事故の裁判。

・ 6日の裁判では、被告の元交際相手の証言が法廷で読み上げられたとのことです。「パトカーもあおっていた」。明らかになったのは、ドライブのたびに繰り返されたという異常なあおり運転の実態だったようです。

・ 去年5月、山口県下関市で、石橋和歩被告(26)にあおり運転をされたという男性です。

男性は、石橋被告の車が制限速度60キロの道路を30キロ程度で走っていたため追い越したところ、石橋被告は東名高速の事故と同じように男性の車の前に割り込んで無理矢理停車させたとのことです。

「すごい勢いで後ろからパッシングとクラクション。トンネルの中でずっとです。蛇行運転というか」(被害に遭った男性・去年)

「(石橋被告は)車から降りてきて、車のドアをがんがん殴るなり、『出てこい!けんかするぞ!』みたいな感じで脅してきた。私も怖いなと思ったので、車の鍵を閉めて外に出ないようにして、横のガラスなり、フロントガラスをグーで割るのではないかという勢いでどんどん殴ってきた」(被害に遭った男性)

 ・4日目の裁判となった6日は、去年6月の東名高速の事故の前後に石橋被告が繰り返し行っていたあおり運転のうち、起訴された3つの事件について審理が行われましたようです。

いずれもけが人はいませんでしたが、石橋被告は

車の窓ガラスをたたいて「出て来い」といった強要未遂や、

ドアを3回足蹴りにしてへこませた器物損壊の罪に問われていとのことです。

石橋被告の弁護人は器物損壊の罪については認めましたが、

強要未遂の罪については「無理矢理車から降ろそうとはしていない」として争うとしています。

スポンサーリンク

石橋和歩の顔画像は!?石橋和歩の詳細についてと証言

メディアの報道では、石橋和歩容疑者の容姿が確認できる報道がなされていました。

以下が、それになります。

日テレNEWS24

石橋和歩容疑者のプロフィール

niftyニュース

名前:石橋和歩(いしばし かずほ)

住所:福岡県中間市扇ケ浦

年齢:26歳(2018年12月時点)

家族:両親が高2の時に離婚。母親側に引き取られたとのこと。男3兄弟の真ん中。

学歴:地元の公立中学出身

   高校中退

職業:建設作業員

愛車:ホンダ ストリーム(白色)

石橋容疑者の知人の話によると、

*

両親が離婚し、兄と弟は父親に引き取られて、石橋和歩容疑者だけがアパートで母親と暮らすことになったそうです。

そして母親は無職で、生活費はすべて和歩が出していたとのこと。

建設会社で働き始めたが、彼女と同居するようになってから無断欠勤が多くなったそうです。

そんな矢先に今回の事故を起こしてしまい入院。

現在、会社ははクビなっているとか…

*

さらに別の知人の証言では

近所の子供が熱がでた際には車を出したり、友人が出張の際には駅まで送るような側面があったとのこと。

運転すると豹変するというのとは違うい、普段は安全運転だそうです。

同乗してた女性ににかっこつけようとしたのではないかとのことです。

これを裏付けるかのようなコンビニ店員さんの証言もありました。

1人で来ると普通だが、女性と一緒の時の態度がひどかったそうです。

やたら高圧的で、『なんでレジそんな遅いんか!』いうて怒鳴り散らし、小銭投げつけてくることもあったとか。。。

スポンサーリンク





元交際相手の証言

今回の裁判で、注目を浴びたのが、

石橋和歩容疑者の元交際相手の女性の生々しい証言です。

石橋被告の元交際相手の供述調書。女性は東名の事故の時も車に乗っていましたが、それだけでなく・・・
 「和歩と車に乗っているときには、5回警察沙汰になりました。警察沙汰になっていないトラブルも合わせれば、去年8月までの4か月で、10回以上あります。和歩はドライブが好きなのですが、トラブルのない日は数えるほどしかありませんでした。一晩に3件続けて、トラブルになることがありました。私も警察に事情聴取され、本当に疲れて和歩の車に戻って寝ていると、すぐに別の車にぶつかって、また警察を呼ぶことがありました。和歩は普段からクラクションを鳴らされたりするとすぐにキレます」(元交際相手)

 元交際相手の女性の証言からは、石橋被告が日常的にあおり運転を行っていた様子が浮かび上がりました。

 さらに、スピード違反の車を取締中のパトカーにまで・・・
 「『警察のくせにスピードを守っていない』と言って、すごいスピードでパトカーを追っかけていき、和歩は警察に抗議をしていたこともありました。警察からは『回転赤色灯をつけていたらスピードを守らなくてもいい』と聞かされ、納得していました」(元交際相手)

 このパトカーは、スピード違反の取り締まりを中断して、石橋被告の対応に当たったということです。

TBS NEWS

日テレNEWS24

石橋和歩容疑者とドライブデートをすればほぼ必ずと言っていいほどトラブルに見舞われるといったような内容ですね…

中でも驚きなのが、スピード違反取締中のパトカーにまで、「速度を守っていない」と難癖をつけて煽っていたというのですから驚きですね!!!

警察から「回転赤色灯をつけていたらスピードを守らなくてもいい」と諭されると納得はしていたようですが…

わざわざ、この対応のために警察も。取締まりの業務を中断させられたとのことですから、一体どこまで迷惑をかけていたのでしょうか…

スポンサーリンク





直筆の手紙の内容が驚愕!?

勾留中の石橋和歩容疑者はメディアの接見に応じず、代わりにメディアに向けて書いた手紙が話題になっています。

話題の手紙が以下になります。

産経新聞

 便箋1枚に書かれた手紙は5行程度のもので、内容は以下です。

「俺と面会したいなら30万からやないと受つけとらんけん

それが無理なら諦めたがいいよ

人の事ネタにするのにタダで面会してもらうとか考え甘いばい」

字の出来はともかくとして、死亡事故を引き起した当事者本人としての自覚や

責任感、そして何より反省はこの手紙からは察せられませんね…

ネットの反応

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする