乾誠悟の顔画像は!?開業医の息子が父親を絞殺!?事件現場は!?犯行動機は!?

12日、福島県郡山市で、同居していた父親の首を絞め殺害しようとした疑いで、

34歳の無職の男が逮捕されるという事件が発生しました。

以下、事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件概要

12日、福島県郡山市で、同居していた父親の首を絞め殺害しようとした疑いで、34歳の無職の男が逮捕されました。

 12日午後5時ごろ、福島県郡山市の乾マタニティクリニックで「息子が夫の首をしめた」と妻から110番通報がありました。

 警察が駆けつけたところ、病院に併設された3階の自宅廊下で、院長の乾裕昭さん(69)が倒れているのが見つかりました。息子の乾誠悟容疑者(34)が駆けつけた警察官に「俺が殺した」と話し、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

 乾院長はその後、搬送先の病院で死亡が確認され、警察は容疑を殺人に切り替え、動機などを詳しく捜査する方針です。

TBS NEWS

 12日午後5時ごろ、福島県郡山市の乾マタニティクリニックで「息子が夫の首をしめた」と妻から110番通報があったそうです。

 警察が駆けつけたところ、

病院に併設された3階の自宅廊下で、院長の乾裕昭さん(69)が倒れているのが見つかり、

息子の乾誠悟容疑者(34)が駆けつけた警察官に「俺が殺した」と話し、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

TBS NEWS

乾院長はその後、搬送先の病院で死亡が確認され、警察は容疑を殺人に切り替え、動機などを詳しく捜査する方針だとのことです。

スポンサーリンク

TBS NEWS

乾誠悟容疑者の顔画像は!?

メディアの報道では、乾誠悟容疑者の容姿が確認できる報道は現段階では確認できていません。

SNSのアカウントも現在特定には至っておりません。

参考に下記にFaceBookの検索結果のリンクを張っておきます。

乾誠悟のFaceBook検索結果

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

乾誠悟容疑者のプロフィール

名前:乾 誠悟(読み方:いぬい せいご)

年齢:34才

住所:郡山市並木3丁目

職業:無職

学歴:卒業した学校(大学や高校)の情報は現在不明

家族構成:両親と同居。現在のところ兄弟がいるのかは不明です。

逮捕:現在は警察に逮捕され取り調べされています。

スポンサーリンク

事件現場は!?

メディアの報道では、事件現場は

福島県郡山市の乾マタニティクリニック

とのことでした。

以下が地図になります。

乾マタニティクリニックは、に位置する個人病院で、

産科のほか、婦人科、内科、小児科も設置されいるようです。

乾マタニティクリニックのホームページリンク

乾マタニティクリニックは不妊治療にも力を入れている病院で、HPには不妊治療に関する詳しい説明がされていました。

不妊治療の流れはもちろん、実績データなどの開示もおこなっているようです。

スポンサーリンク

被害者、乾裕昭さんについて

乾裕昭さんのプロフィール

画像引用

・名前 乾裕昭(いぬいひろあき)

・年齢 69歳

・出身地 静岡県

・昭和51年に東京慈恵会医科大学卒業

昭和61年に東京慈恵会医科大学婦人科講師

昭和63年に慈恵会乾マタニティクリニック開設

卵巣がんの研究や不妊症の治療などに尽力し、2006年には、受精卵の状態を超音波で測定する方法を学会で発表したこともあるようです。

医院のHPによると、乾院長には多くの肩書きが存在していたようです。

■医学博士

■日本産婦人科学会専門医

■日本臨床細胞学会指導医

■国際細胞学会指導医

■ソフロロジー分娩法上級指導医

■日本不妊学会会員

■日本受精着床学会会員

■日本臨床細胞学会功労会員

産婦人科のにおいておおくの貢献をされてきた方だというのが我々素人にも非常に強く伝わる経歴ですね。

医院のHPでは、自己紹介として、産婦人科医師としての熱い思いが語られていました。

『静岡県清水出身で、明るい性格です。次郎長のように、世のため人のためとなるため医者になりました。特に女性の味方として、お産と不妊研究に全力投球していきます。』

乾マタニティクリニック

亡くなられた乾裕昭さんは、産婦人科医として、たびたびメディアにも露出されていたようです。

テレ朝NEWS

信頼ある偉大な医師だったのですね。

スポンサーリンク

犯行動機は!?

今回のこの悲惨な犯行の動機は一体何だったのでしょうか!?

医師の家庭において、無職の子供が医師の親に暴力はふるったり、今回のように殺意事件にまで発展するというケースの事件は過去にもいくつか存在しますが、今回はどのようなケースなのでしょうか…

メディアの報道では、現在のところ犯行動機に関する詳しい内容は公開されていません。

憶測の域を出ませんが、考えられるのは

親子間でなんらかのトラブルがあった

とまあ、当たり前のことしか挙げられませんが、

父であり、偉大な産婦人科医の乾裕昭さんと無職の乾誠悟容疑者

この肩書だけでもトラブルの内容に大体の想像はつくでしょう…

当然、乾誠悟容疑者も昔は乾マタニティクリニックを継ぐために、医学部などの受験を志していたのではないでしょうか…

しかし、乾誠悟容疑者が現在無職ということから、上手くことは運ばなかったということが推測できます。

乾誠悟容疑者は現在34歳ということで、かつ新年も明けて、家族間で乾誠悟容疑者に対する様々なやり取り、発言があったのではないでしょうか…

その場で、偉大な産婦人科医の乾裕昭さんと無職の乾誠悟容疑者の両者が激しくぶつかったのではないでしょうか…

なんにせよ、殺人は到底許されない犯行であることは間違いありませんね。

犯行動機に関して、報道がされ次第随時更新したいと思います。

追記

福島・郡山市の病院で院長が首を絞められ死亡した事件で、逮捕された息子は、「定職に就かないことを指摘され、腹が立った」などと供述していることがわかった。

この事件は1月12日、郡山市の「乾マタニティクリニック」3階の自宅で、院長の乾裕昭さん(69)が、息子の誠悟容疑者(34)に首を絞められ、その後死亡したもの。

捜査関係者によると、誠悟容疑者は事件当時、自宅に帰省していて、調べに対し、「定職に就かないことを父親に指摘され、腹が立った」などと供述していることがわかった。

警察では、生活態度をめぐる口論が事件の引き金になったとみて、14日午後に送検し、犯行の動機や経緯をくわしく調べることにしている。

FNN PRIME

新たなメディアの報道で犯行動機の詳細がなされていました。

捜査関係者によると、誠悟容疑者は事件当時、自宅に帰省していて、

調べに対し、

「定職に就かないことを父親に指摘され、腹が立った」などと供述していることがわかった。とのことです。

FNN PRIME

警察では、生活態度をめぐる口論が事件の引き金になったとみて、14日午後に送検し、犯行の動機や経緯を調べるとのことです。

FNN PRIME

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする