千葉侑容疑者の顔画像は!?SNSは!?生後1カ月の子を栄養失調死させた母親が逮捕!?事件現場や犯行動機について!

生後1カ月の次男を栄養失調などで死亡させたとして、28歳の母親が、18日、逮捕されるという事件が発生しました。

以下、事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件概要

生後2カ月弱の次男に十分な食事や飲み物を与えず栄養失調などで死亡させたとして宮城県警仙台北署は18日、保護責任者遺棄致死の疑いで、仙台市青葉区の無職の母親、千葉侑(ゆう)容疑者(28)を逮捕した。「10日ぐらい前からミルクを買うお金がなくなった。早く病院に連れて行けばよかった」と供述している。

逮捕容疑は、千葉容疑者は次男の楓翔(ふうと)ちゃんにわずかな飲食物を与えるだけで放置、衰弱しているにもかかわらず、医師の診察などを受けさせなかった。楓翔ちゃんは17日午後7時ごろ病院に運ばれたが、18日午前6時45分ごろ脱水や栄養失調で死亡したとしている。

産経新聞

生後1カ月の次男を栄養失調などで死亡させたとして、28歳の母親が、18日、逮捕たされました。

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、

宮城・仙台市の無職・千葉侑容疑者(28)はです。

生後1カ月の次男の楓翔(ふうと)ちゃんに、わずかな飲み物しか与えず放置して、脱水症状や栄養失調で死亡させた疑いが持たれているとのことです。

千葉容疑者は「ミルク、を買う金がなく、白湯(さゆ)しか与えていなかった」容疑を認めているとのことです。

自宅を訪れた千葉容疑者の母親が、衰弱していた楓翔ちゃんに気づき、発覚したもので、警察は、関係者から話を聞くなどして、事件のくわしいいきさつを調べていくとのことです。

スポンサーリンク

千葉侑容疑者の顔画像は!?SNSは!?

現段階でのメディアの報道では、容疑者の容姿が確認できるものはありませんでした。

SNSのアカウントも現在特定には至っておりません。

参考に下記にFaceBookの検索結果のリンクを張っておきます。

千葉 侑のFaceBook検索結果

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

千葉侑容疑者のプロフィール

■千葉 侑(ちば・ゆう)

■28歳

■宮城県仙台市青葉区桜ヶ丘1丁目の県営住宅

■無職

■保護責任者遺棄致死の容疑で逮捕

■容疑を認めている

■長男と長女、双子の赤ちゃんを産んでいる

被害者プロフィール

■千葉 楓翔(ちば・ふうと)ちゃん

■2018年11月19日生まれ

■生後2か月弱の双子の兄

■宮城県仙台市青葉区桜ヶ丘1丁目

■18日朝に脱水症状や栄養失調などが原因で衰弱死

■双子の弟は一命を取り留めている

昨年11月半ばで生まれ、これから自分の人生を生きていくはずだった楓翔ちゃんの命が失われてしまったことが悔やまれてなりません。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

千葉侑容疑者の家族構成

■調理師の実父(58)

■双子の兄弟(兄が楓翔ちゃん)

゠゠゠゠゠゠゠

■長男と長女 ⇒ 児童相談所に預けられている

■実母(51)⇒ 別居

となっているとのことです。

また、千葉容疑者は双子の父親の存在に関しては固く口を閉ざしているということです…

スポンサーリンク

事件現場は!?

メディアの報道では、事件現場は

宮城県仙台市青葉区桜ヶ丘1丁目に位置する県営住宅とのことです。

以下の地図の範囲になります。

産経新聞

これ以上の特定は現段階では難しいですが、可能性のひとつとしては考えられると思います。

県営住宅ですと、隣や階下の人などは、泣き声の異変などを感じることはなかったのでしょうか…

スポンサーリンク

犯行動機は!?

メディアの報道では、

「10日ぐらい前からミルクを買うお金がなくなった。早く病院に連れて行けばよかった」と供述している。

逮捕容疑は、千葉容疑者は次男の楓翔(ふうと)ちゃんにわずかな飲食物を与えるだけで放置、衰弱しているにもかかわらず、医師の診察などを受けさせなかった。

産経新聞

とのことですが、ここまで極度の貧困状態だったのでしょうか…

と、金銭的な理由から双子の赤ちゃんにミルクをあげていなかったことを話しています。

しかし、いくら極度の貧困に陥っていたとしても、長男、長女のように児童相談所に相談するなど、対策はいくらでもあったのではないかとも思えてしまいます。

別居していた実母に相談することも可能だったのではないでしょうか…

金銭的な問題が根本的な原因ではなく、例えば、容疑者が育児ノイローゼなどの精神的問題を抱えるなどして、育児に対する意欲がなくなってしまったことも考えられないでしょうか…

前述のとおり千葉容疑者は実父(58)と双子の乳児と同居していますが、

調べに対し実父は、「乳児の異変に気が付かなかった」という趣旨の発言をしているようです。

この発言に対しては疑問を感じざるを得ませんが、それが事実であれば、

容疑者のお父さんは、孫との関わりをあまり持っていなかったのではないかと考えられます。

家族の手助けがない状況で、双子の育児に追われ、金銭的問題なども抱えて精神的に追い詰められていったのではないか…

と推測もできますが、実際のところはどうでしょうか…

さらに情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

更新2019,01,20

千葉容疑者は、「母乳が出ず、ミルクを買う金はなく、10日ぐらい前から白湯しか与えていなかった」と供述しているとのことです。

警察によると、楓翔ちゃんの体重は、1カ月健診の時には3,300グラムだったが、死亡時には3,100グラムで、数週間で体重が200グラムも減っていたとのことで驚き極まりないですね…

同じ棟に住む人は、「赤ちゃんがいることも気づかなかったですし、うそじゃないかと思っているぐらいです」と話したそうです。

同居している千葉容疑者の父親は、「帰りが遅い仕事のため、衰弱には気がつかなかった」と話しているとのことですが、果たして…

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする