BNK48のメンバーがリハーサルでナチスの鉤十字のTシャツを着用!?直接謝罪する事態へ!

AKB48の姉妹グループで、タイを拠点に活動するBNK48のメンバーがナチスの鉤(かぎ)十字とみられるデザインのTシャツを着てリハーサルに参加し、非難を集めてしまい謝罪する事態となる事件が発生しました。

以下、詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

概要詳細

 コンサート前日のリハーサルでナチスの鉤十字とみられるデザインのTシャツを着ていたのは、タイのバンコクを中心に活動するBNK48のメンバーの19歳の女性です。その様子を捉えた写真などがインターネット上で拡散され、批判が相次ぎました。地元メディアによりますと、この女性メンバーは26日のコンサートで「今回のことは自分の無知が招いたもので、二度とこのようなことはしない」と涙ながらに謝罪したということです。在タイのイスラエル大使館も今回の騒動について「ショックと落胆を表明する。ナチス犠牲者の多くの関係者を傷付けた」などとツイッターに投稿していました。

テレ朝NEWS

タイメディア「カオソット」の英字版によりますと、

問題のマークがプリントされた衣装を着ていたのは19歳のメンバーとみられています。

1月25日に行われたコンサートのリハーサルで着用していたという。

衣装には、腹部に鉤十字のマークが1つ大きくプリントされていたそうです。

 http://www.khaosodenglish.com/wp-content/uploads/2019/01/bnktrue5.jpg

http://www.khaosodenglish.com/wp-content/uploads/2019/01/bnktrue1.jpg

画像引用

シャツを着たメンバーの写真がFacebookなどで拡散され、批判が殺到しました。

これを受けて、この女性メンバーは26日のコンサートで「今回のことは自分の無知が招いたもので、二度とこのようなことはしない」と涙ながらに謝罪したということです。

BNK48のFacebookの公式アカウントも27日、「不適切なプリントがされた衣装について深くお詫び申し上げます。このような事態を起こさないように最善を尽くします」などと投稿しています。

在タイのイスラエル大使館も今回の騒動について「ショックと落胆を表明する。ナチス犠牲者の多くの関係者を傷付けた」などとツイッターに投稿していましたとのことです。

スポンサーリンク

ナチスの鉤十字とは!?

度々アイドルや芸能界で問題視され、取り上げられがちなナチスの鉤十字ですが、

ナチスの鉤十字とは一体どのようなものなのか改めて認識をし直しましょう。

アドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツといえば、第二次大戦中におけるユダヤ人の大量虐殺で有名だ。 そしてそのナチスのシンボルマークが、鉤十字(かぎじゅうじ)、別名ハーケンクロイツである。 日本では寺院を表す地図記号 “卍(まんじ)” と非常によく似ているこの鉤十字だが、海外での扱いは非常にデリケート。

ナチスの紋章である鉤十字(ハーケンクロイツ)は、『右卍』と呼ばれるもの。日本において寺院を表すのに用いられている地図記号の “卍” は『左卍』。形は似ているが、鉤(かぎ)の部分の向きが逆なのだ。

参考サイト

https://kotobank.jp/image/dictionary/daijisen/media/115374L.jpg

画像引用

ナチスの鉤十字といえば、第二次世界大戦中にユダヤ人を迫害していたナチスドイツがシンボルマークとして掲げていた象徴的な紋章であり、その鉤十字マークは現代社会ではタブー視される存在です。

一方で、そのような歴史的背景を持たない我が国日本などでは、鉤十字(ハーケンクロイツ)を、ファッションの一部として用いられてきました。

http://blog-imgs-78.fc2.com/j/y/o/jyouhouwosagasu/20150820175403poo@.jpg

画像引用

非常に難しい問題ですが、国際的な公の舞台では避けた方が無難というのは間違いありませんでしたね…

ただ、当事者本人が述べているように、

この女性メンバーは26日のコンサートで「今回のことは自分の無知が招いたもので、二度とこのようなことはしない」と涙ながらに謝罪したということです。

テレ朝NEWS

そのような事情など、一切を知らずに何の気なしに着た衣装の一つに過ぎなかったのでしょう…

とは言え、アイドルグループですから、マネージャーや事務所が後ろに存在するはずです。

事前に気づくことはできなかったのでしょうか…

スポンサーリンク

ナチスTシャツ着用のメンバー「19歳の女性」は誰!?

メディアの報道では、今回の当時者のメンバーは

「BNK48のメンバーの19歳の女性」という内容のみで名前などは公表されていません。

ネット等の情報によりますと、

BNK48に在籍する40〜50名の女性メンバーの中で、

今回のナチスTシャツ着用騒動が報じられた現時点で、19歳のBNK48メンバーは、

・カミン(1999年4月23日生、研究生)

・マイユー(1999年10月28日生、研究生)

・ナムサイ(1999年10月26日生、B III)

・ナッターリーン(1999年11月11日生、研究生)

4名のみだそうです。

さらに、今回の騒動で名前が出ないのは、研究生だからとの声もあります。

上記の4名の中で、研究生でないのは1人だけです…

まだプロ契約を結んでおらず、研究生としてのアマ契約の段階であるということが原因で名前が公表されていないという可能性が高いとの声が多く上がっています。

もちろん未成年であるという理由かもしれませんが…

スポンサーリンク





現地メディアの報道

タイのメディアであるTHAITV6では、

今回のBNK48メンバーによるリハーサルでの鉤十字ナチスTシャツ着用を大々的、本人の映像付きで報じているようです。

シャツを着用してしまった19歳メンバーが涙ながらに騒動を謝罪している映像も公開れています。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする