Suica解約!?問題点の内容とは一体!?

JR東日本の交通系ICカード「Suica(スイカ)」の解約が東北では「仙台」「新潟」の駅でしかできないとのことです。

なのでそのSuica解約 問題点が話題になっています。

以下その詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

概要詳細

JR東日本の交通系ICカード「Suica(スイカ)」の解約を巡り、秋田県など東北の一部で不満の声が出ている。対応できる装置が宮城、福島両県の駅にしかなく、未設置の地域は解約がままならないためだ。運賃をはじめコンビニエンスストアやスーパー、自動販売機の支払いにまで使えるスイカだが、利用者に混乱が生じている。

 昨年12月上旬、秋田駅で由利本荘市の60代女性がスイカの解約を申し出た。駅構内にあるJR系列のコンビニエンスストアで購入したカードだったが、窓口の担当者の説明に耳を疑った。「新潟駅に自己負担で行き、解約の手続きを取っていただけますか」

 秋田駅と新潟駅を往復すると特急の乗車時間だけで約7時間。運賃は約1万4000円となる。

 女性は代替策として「手続き可能な駅でJRに解約してもらい、デポジット(預かり金)やチャージ額を秋田駅の窓口で受け取りたい」と提案したが、拒まれたという。

 新潟に用事はなく、スイカは今も手元にある。「お金をかけないと解約できない。このままでは泣き寝入りになる」と嘆く。

 現時点で、秋田県内の在来線はスイカで運賃支払いができない。JR東日本秋田支社によると、スイカを解約できる窓口備え付けの装置は県内にはなく、近県では「仙台」「新潟」の両エリアのスイカ対応駅に足を延ばす必要がある。

 県内では系列のコンビニエンスストアなど7店舗でスイカを販売しているが、いずれも解約の手続きは受け付けていない。秋田支社の広報担当者は「『県内では解約できない』と販売時に注意書きを渡すことになっている」と説明するが、女性は「口頭での説明も文書もなかった」と話す。

決済手段として普及が進む一方で、地方の駅では払い戻しもできない現状。秋田支社によると、解約を巡る同様の苦情は青森、岩手両県内からも出ているという。

河北新報

スポンサーリンク

Suica解約における問題点とは

利用者からは以下のような声があったようです。

・自分も帰省する地元がこういうケースと同じいわば「陸の孤島」みたいなところだから分か る気がする。所詮当たり前だけど人口が多いところが優先され、過疎化が進んでるようなと ころは後回し。こういう所にツケが回って来るんだ。これだけいろいろ便利になってきたと は言っても、まだまだ不便なところは探せばあるだろうし場所が場所だからしようがないと 泣き寝入りするよりかはSNSで拡散でもしてバズれば改善されていくと思いたいが…

・口頭での説明も文書もなかったというのは思い込みにしても、解約手段が無いのに作ること ができることが問題点でしょう。早急に解約できるようにして作らせるか、解約ができない のなら普及することをやめるべきではないでしょうか。

・Suicaは発行体自体が「嫌なら使わなくていいんだよ。ああん?」という態度なので都内で あっても解約には骨が折れる。地方で不便なのは当然の流れ。消費税増税時の電子マネーに いてもこんな風に解約に制限がある状態となることは当然起こり得る。電子マネーにはもっ と制を強めて消費者の立場に立っていない事業者は賠償する責任があるように改善するべき では。また例えばSuicaでは利用明細が利用者に対しても非公開だが利用明細の公開を義務 付けるべきでは。電子マネーには問題点が多数ある。

・ そもそもSuicaは交通系ICカードであって、物販等は付加サービス。秋田がSuicaのエリア 外だから払戻が出来ないのは当たり前。何も考えずに買った消費者が悪い。説明なかったと か後から言っているが、どうせ都合のいいことだけしか覚えていないクレーマーなだけ。そ れに記者が誇張してるだけ。だからこういう自体になった。別にコンビニでのキャッシュレ ス決済だったらnanacoやPonta,Tカードでも良かったはず。モバイルSuicaだったらオン ライン上で払戻出来るし…。こんな自分勝手な消費者のニーズにいちいち応えていたら、JR の初乗りは300円とかになると思う。今の時代は消費者がサービスを選択する時代。それに 対応出来ない消費者は、ただ愚痴を言うのではなく、今回の事を教訓にして、次へと活かす べき。ただ、この消費者は死ぬまでこのようなケースを繰り返すと思う…。

・この問題はJRという企業の本質を表している問題だと思います。中身は未だに国鉄のまま。 サービス業という意識が定着しない。電子マネーを購入したお客様が実質的に解約できない などあり得ない。 これは消費者庁も問題にすべき事案です。解約するために14000円の交 通費がかかりますと同意書を交わしてもいない。完全に詐欺ですよ。交通電子マネーは広  まっていくのに、在来線を含めた利用に対する地域格差が大きいと感じます。推進していく なら、格差を小さくしてほしいですね。購入する私たちは、使用頻度と、メリットやデメ  リットをよく考えるべきですよね。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする