ジョーブログが炎上!?人気Youtuberが渋谷スクランブル交差点に「ベッド」で警視庁が調査!?一体何者!?何罪!?

人気Youtuberがまたもや炎上しているようです。

今回は一体、誰が何をやらかしたのでしょうか!?

以下、事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件概要

インターネット上に投稿された「渋谷スクランブル交差点にベッドを置く」という動画が物議を醸しています。警視庁は、道路交通法違反の疑いで捜査に乗り出しました。

 動画投稿サイト・YouTubeに3月末、「男性が寝そべったベッドが、多くの人が行き交う渋谷のスクランブル交差点に運ばれる」という動画が投稿されました。映像には、非日常的な光景をスマートフォンで収める通行人なども写っていて、そして信号が赤に変わりそうになると、ベッドを抱えてきた男性たちは再び、ベッドを交差点から運び出していました。

 撮影したのは、独自の動画を継続的に投稿する、いわゆる「ユーチューバー」の男性です。過激な潜入企画などが人気を集め、チャンネルの登録者はおよそ140万人に上ります。

 警視庁は、道路で寝そべる行為が交通の妨害になる「禁止行為」に当たる可能性があるとして、道路交通法違反の疑いで捜査に乗り出しました。たくさんの人が利用する交差点での出来事だけに、今回の動画に対して、街の人からは「冷静に考えれば、やっていいことと悪いことが分かると思う。撮る側も考えたほうがいい」といった意見や「観光客もいっぱいいるし、日本のイメージが悪くなる」「自分の子どももYouTubeを見るので、好きなユーチューバーがそんなことをやっていたら(大人の)私は見せたくない。子どもがまねをすると困るので、モラルに反する危険なことはやめてもらいたい。誰もが見て楽しめることをやってもらいたい」などといった声が聞かれました。

 動画を投稿した男性は「事前に法律を調べ、確認して撮影している。誰かを直接的に傷つける動画は撮っていない」と話しているということです。

TOKYO MX

動画投稿サイト・YouTubeに3月末、

「男性が寝そべったベッドが、多くの人が行き交う渋谷のスクランブル交差点に運ばれるいう動画が投稿されていました。

映像には、非日常的な光景をスマートフォンで収める通行人なども写っていて、そして信号が赤に変わりそうになると、ベッドを抱えてきた男性たちは再び、ベッドを交差点から運び出していたそうです。

 撮影したのは、チャンネルの登録者数およそ140万人を超える、いわゆる「ユーチューバー」の男性です。
 
 動画を投稿した男性は「事前に法律を調べ、確認して撮影している。誰かを直接的に傷つける動画は撮っていない」と話しているとのことです。

スポンサーリンク

問題のYoutuberは誰!?

今回この件で炎上しているのは、旅系Youtuberの「ジョーブログ」です!

http://ujijijitorend.com/wp-content/uploads/2019/04/7e0f2446cdcc983a5a0e4bc63d91381e.jpg

ジョーブログって一体何者!?

ジョーブログはジョーがメインとなって活動しているYoutuberです。

ジョーの他にもサポートメンバー数人いるようです。

主要メンバーは3名。

・リーダーのジョー
・マネージャーのりょうや
・撮影のさいどん

たまにアカネという女性も出演します。

ジョーブログのチャンネル名の横にあるサブタイトル

〝【CRAZY CHALLENGER】クレイジーチャレンジャー〟

とあるように、海外の危険な地域に赴いたり、日本のディープポットへ訪れたりと、普通なら行わないであろう様々な事柄にチャレンジしているチャンネルです。

ジョーのプロフィール

ジョーブログのジョー

・本名:金沢仁宏(かなざわまさひろ)
出身地:大阪府
・年齢:26歳
・血液型:B型
・身長:166㎝
・体重:約60kg(詳細後述)
・最終学歴:高卒
・事務所:無所属(E-DGE)
・現住所:東京都内

公式Twitter

公式Instagram

スポンサーリンク

問題の動画は!?

問題の動画は未だ堂々と公式チャンネルに上がっています。

以下が、それになります。

旅系の動画がメインの頃は、普通の人が経験できないような体験談や、普段は見られない様な旅先の景色を見せてくれたしなど、とても面白く人気のYoutuberでしたが、最近はネタ切れなのか、無理に過激な内容が増えてきているような気がします。

こういった傾向は何もジョーブログだけに限りませんが…

しかし、ジョーブログはYoutuberの中でも比較的炎上が多い人物でもあります。

スポンサーリンク

ジョーブログの過去の炎上騒動

ジョーブログの炎上騒動はたくさんあります。

箇条書きにおこすと、

・メンバーのアカネを使った美人局事件

・文化祭イベントをクラウドファンディングを通して資金を募り無料で開催したが、ワンドリンク制の為、実質ドリンク代がかかり有料参加やクラウドファンディングのリターンにも問題があり炎上。

・ヤフーオークションでなりすまして自伝本を出品して定価以上の値段で販売してるのがバレて炎上。ジョー本人は友達のアカウントと発言している。

・ジョーとKOHEYとたむちんがイベントした際にゲストでかずきむぎちゃ(ポリンキームービー)を呼んだがギャラは払わずかずきむぎちゃと金銭トラブルで揉めて炎上。

・バー開店資金の3000万円クラウドファンディング詐欺疑惑

参考サイト

等々、とてもではありませんが、たまたま炎上してしまった人。というには少し度がすぎていますね…

それに今回のスクランブル交差点での動画炎上…

これまでの過去の炎上も相まってか、メディアの報道ニュースにも取り上げられるなど世間の風当たりも今回はけた違いです。

さらに今回はなんと警察も動いているとのことで、いよいよ「炎上」という言葉では逃げ切れないところまで来てしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

警視庁が捜査!?罪状は!?

 警視庁は、道路で寝そべる行為が交通の妨害になる「禁止行為」に当たる可能性があるとして、道路交通法違反の疑いで捜査に乗り出しました。

TOKYO MX

どうやら、今回の行為は道路交通法違反の疑いがあるそうです。

https://myhoumu.jp/wp-content/uploads/2018/01/husei39.jpg

道路交通法とは

道路交通法(どうろこうつうほう、昭和35年6月25日法律第105号)は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする(1条)、日本の法律である。略称は「道交法[1]

車両等を運転して本法に違反すると「懲役禁錮罰金などの刑事処分」「累積点数で免許証の効力が停止または取り消される行政処分」が課されるとともに、民法及び自動車損害賠償法により「被害者の損害を賠償する民事処分」が課される。

Wikipedia

普段は、車を運転するドライバーが強く意識しているであろう道路交通法ですが今回はどの点が、違反に当たるのでしょうか?

今回のジョーブログの行為は、交差点の歩行者用信号が青信号の時であるため、「信号無視」にはあたらない。

読売新聞によりますと、渋谷署は「道路での禁止行為違反」で捜査をしているというのだそうです。

道路における禁止行為は以下のとおりです。

= 道路交通法 =
(禁止行為)
第七十六条  何人も、信号機若しくは道路標識等又はこれらに類似する工作物若しくは物件をみだりに設置してはならない。
2  何人も、信号機又は道路標識等の効用を妨げるような工作物又は物件を設置してはならない。
3  何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。
4  何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
 一  道路において、酒に酔つて交通の妨害となるような程度にふらつくこと。
 二  道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること。
 三  交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。
 四  石、ガラスびん、金属片その他道路上の人若しくは車両等を損傷するおそれのある物件を投げ、又は発射すること。
 五  前号に掲げるもののほか、道路において進行中の車両等から物件を投げること。
 六  道路において進行中の自動車、トロリーバス又は路面電車に飛び乗り、若しくはこれらから飛び降り、又はこれらに外からつかまること。
(罰則 第一項及び第二項については第百十八条第一項第六号、第百二十三条 第三項については第百十九条第一項第十二号の四、第百二十三条 第四項については第百二十条第一項第九号)

http://www5.kcn.ne.jp/~ange/pd/pdrule06.html

そのうち、今回の件で適用されそうなのは、「3」と「4の二」。

要は「危険な行為によって生ずる通行妨害」ということだそうです。

罰則は「3」が「3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金」、「4の二」は5万円以下の罰金となっています。

ただし、前述のように、道路交通法の罰則は、主に車両の運転者に科せられるものであり、歩行者に適用するかどうかは、警察官の判断次第となるそうです。

今回のケースは、恐らくは書類送検はされるものの不起訴処分→ただし厳重注意という可能性がたかいようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする