山本まとむの顔画像は!?SNSは!?事件現場は!?犯行動機は!?線路に飛び出て新幹線を停止させ逮捕!?

14日、山陽新幹線の非常用ドアを開け、緊急停止させた車内から線路に飛び降りたとして、大阪府内の54歳の男が逮捕されるという事件が発生しました。

以下、事件の詳細です。

スポンサーリンク

事件概要

14日午前11時すぎ、東京発博多行きの「のぞみ17号」で、新大阪駅を出た6分後にドアの非常用コックを開けて、線路に飛び降りた男が、車掌らに取り押さえられた。

新幹線は緊急停止し、男は運転を妨害した新幹線特例法違反の疑いで現行犯逮捕されたが、警察によると大阪府太子町の無職・山本まとむ容疑者(54)と分かった。

その後の調べに対し山本容疑者は、容疑を認めているが、右足を骨折していて、病院で手当てを受けたという。

新幹線を緊急停止させた動機などはまだ分かっておらず、警察はケガの具合をみながら事情を聞くことにしている。

日テレNEWS24

14日午前11時すぎ、東京発博多行きの「のぞみ17号」で、新大阪駅を出た6分後にドアの非常用コックを開けて、線路に飛び降りた男が、車掌らに取り押さえられたとのことです。

新幹線は緊急停止し、男は運転を妨害した新幹線特例法違反の疑いで現行犯逮捕されたが、

警察によると大阪府太子町の無職・山本まとむ容疑者(54)と分かった。

その後の調べに対し山本容疑者は、容疑を認めているが、右足を骨折していて、病院で手当てを受けたという。

新幹線を緊急停止させた動機などはまだ分かっておらず、警察はケガの具合をみながら事情を聞くことにしている。

スポンサーリンク

山本まとむの顔画像は!?SNSは!?

メディアの報道では、山本まとむ容疑者の容姿が確認できる報道はなされていませんでした。

しかしながら、ネット上では山本まとむ容疑者の特定がなされているようです。

以下がそれになります。

  山本 まとむ容疑者のプロフィール

・名前: 山本まとむ(読み方:やまもと まとむ)

・年齢: 54歳

・職業: 無職(元劇団員)

・住所: 大阪府太子町春日

(株)劇団東俳関西支社という劇団でシェイクスピア「真夏の夜の夢」の劇でA班のフルート役を演じたという記載があります。


現段階ではこれ以上の情報は不明です。

SNSのアカウントは現在特定された可能性が高いようです。

下記にFaceBookのリンクを張っておきます。

山本 まとむ容疑者のFaceBookリンク

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

現段階ではこれ以上の情報は不明です。

スポンサーリンク

事件現場は!?犯行の瞬間!?犯行動機は!?

メディアの報道では、事件現場は、山陽新幹線の新大阪-新神戸間とのことです。

以下が参考経路になります。

日テレNEWS24

のぞみ17号に乗車していた他の乗客の方はさぞかし驚かれたことでしょうね…

犯行の瞬間の映像!?

メディアの報道では、山本まとむ容疑者が新幹線内で確保された時の映像が報道されていました。

以下がそれになります。

犯行動機は!?

メディアの報道では、犯行の動機は山本まとむ容疑者の犯行動機は明らかにはされていませんでした。

しかしながら、新幹線が新大阪駅を出た6分後にドアの非常用コックを開けて、線路に飛び降りたというところから、恐らくは目的地と逆方向に乗ってしまい、6分後にそれに気づき、無理やり降りようとしたのでは?本来は東京方面に乗るつもりが、誤って新神戸方面に乗ってしまったのでは?という推測がネット上では有力のようです。

追記2019/4/16

新たなメディアの報道で、山本まとむ容疑者の犯行動機が明らかになったようです。

警察によると男は新大阪駅から新幹線に乗車していて、反対方向の東京駅へ向かう乗車券を持っていたということです。

男は、グリーン車のデッキにある、非常時に新幹線の扉を開ける装置を使って扉を開けたとみられ、飛び降りた際に右足を骨折しました。

警察の調べに対し、男は容疑を認めていて、慌てて乗ったら下りの新幹線だったという趣旨の供述をしているということです。

8カンテレ

やはり上記のように、山本まとむ容疑者は自身が乗るはずであった新幹線と逆方向の線に乗ってしまい慌てて降りようとしたものである可能性が高いようです。

出発した新幹線から降りるなんて,なんと無謀なことでしょうか…足を骨折しているようで…

スポンサーリンク

非常用ドアコックとは!?

今回の事件の引き金となったのは、非常用ドアコックとのことでしたが、一体何なのでしょうか?

ドアコックとは、鉄道車両やバスなどの自動ドアを手動で開けるために装備されている機器のを指すようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする