大野二巳雄容疑者の顔画像は!?キャリア40年のベテランがなぜ!?嘱託の悲劇!?神戸市営バスが歩行者8人はね2人死亡!?

兵庫県神戸市の繁華街で、神戸市営バスが横断歩道を歩行していた8人をはね、20代の男女2人が死亡するという事件が

警察は、運転手の男(64)を過失運転致死の疑いで現行犯逮捕したとのことです。

以下、事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件概要


現場は神戸市の中心地、JR三ノ宮駅前の繁華街で、午後6時すぎ現在も多くの人で混雑している。目撃者などの話によると、バス停で乗客を降ろしたバスは、そのまままっすぐ進み、青信号で渡っていた8人を次々とはねたという。

近くの店舗の防犯カメラが窓越しで現場をとらえた映像では、多くの人が歩く横断歩道に、事故を起こしたとみられるバスが通り過ぎていく様子がわかる。

21日午後2時すぎ、JR三ノ宮駅近くの繁華街で、県道を走っていた神戸市営バスが、横断歩道を歩いていた人たちを次々とはねた。警察や消防によると、バスにはねられた歩行者は8人で、そのうちの20代の男性と女性の2人が死亡した。さらに1人の女性が足を骨折し、重傷だという。

目撃者「(運転手が)前を見ているような感じで、見ているのにどこに行くんだろうという感じ。そのまま(歩行者を)なぎ倒していった」

目撃者「青信号を歩いていて、バスがそのまま来ました、真ん中を通っていくような感じで。(Q:運転手の様子は?)降りてきて横断歩道で電話していた。焦っていた」

警察は、バスを運転していた大野二巳雄容疑者(64)を過失運転致死の疑いで現行犯逮捕した。大野容疑者は警察の調べに対し、「信号の停止線までバスを発進させようとしたところ、ブレーキを踏んでいたにもかかわらず、バスが急発進した」などと話しているという。

事故を起こした市営バスを管轄する神戸市交通局は会見を開き、「バスについては毎年の車検に加え、年4回の検査が行われていて、問題はなかった」と説明している。

三ノ宮駅は兵庫県内のJRの駅でも最も多くの人が利用する場所で、横断歩道は乗り換えの際にも利用されている。警察は、ブレーキ痕の有無なども含め捜査している。

日テレNEWS24

過失運転致死の疑いで現行犯逮されたのは、バスを運転していた大野二巳雄容疑者(64)です。

大野容疑者は警察の調べに対し、「信号の停止線までバスを発進させようとしたところ、ブレーキを踏んでいたにもかかわらず、バスが急発進した」などと話しているとのことです。

スポンサーリンク

大野二巳雄容疑者の顔画像は!?

メディアの報道では大野二巳雄容疑者の容姿が確認できる報道がなされていました。

以下がそれになります。

フジテレビFNN Live News it!

大野二巳雄容疑者のプロフィール

・名前: 大野二巳雄(読み方:おおの ふみお)

・年齢: 64歳

・職業: 神戸市営バス(一度退職して現在は嘱託で勤務していたそうです)

・住所: 神戸市長田区

バス運転手としておよそ、30~40年のキャリアがあったとのことです。

現段階ではこれ以上の情報は不明です。

SNSのアカウントは現在特定には至っておりません。

参考に下記にFaceBookの検索結果のリンクを張っておきます。

大野二巳雄のFaceBook検索結果

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

現段階ではこれ以上の情報は不明です。

スポンサーリンク

事故現場は!?

メディアの報道では、

大野二巳雄容疑者が事故を起こした場所は神戸市の中心地、JR三ノ宮駅前の繁華街とのことでした。

メディアの報道の映像などから、

日テレNEWS24

神戸市中央区布引町4丁目のJR三ノ宮駅前の県道である可能性が高いようです。

以下が、地図になります。

三ノ宮駅は兵庫県内のJRの駅でも最も多くの人が利用する場所で、横断歩道は乗り換えの際にも利用されているそうです。

スポンサーリンク

事故当時の状況は!?ベテラン運転手がなぜ!?

メディアの報道では目撃者のインタビューもありました。

目撃者「(運転手が)前を見ているような感じで、見ているのにどこに行くんだろうという感じ。そのまま(歩行者を)なぎ倒していった」

目撃者「青信号を歩いていて、バスがそのまま来ました、真ん中を通っていくような感じで。(Q:運転手の様子は?)降りてきて横断歩道で電話していた。焦っていた」

警察は、バスを運転していた大野二巳雄容疑者(64)を過失運転致死の疑いで現行犯逮捕した。大野容疑者は警察の調べに対し、「信号の停止線までバスを発進させようとしたところ、ブレーキを踏んでいたにもかかわらず、バスが急発進した」などと話しているという。

日テレNEWS24

「(運転手が)前を見ているような感じで、見ているのにどこに行くんだろうという感じ。そのまま(歩行者を)なぎ倒していった」

日テレNEWS24

・「あおしんごうをあるいていて、ばすがそのままきました、まんなかをとおっていくようなかんじで。(Q:うんてんしゅのようすはしかsじ?)降りてきて横断歩道で電話していた。焦っていた」

日テレNEWS24

しかしながら、今回の事故を起こしてしまった大野二巳雄容疑者は高齢ながらもキャリア40年近いベテラン運転手だったとのことです。

1986年2月に採用されたベテランだったことが、神戸市関係者への取材で分かった。男は2015年4月に再任用され、現在は週4日勤務していたという。同市バスは年2回、健康診断を実施しており、昨年秋の健診では男に特段の異常はなかったという。

神戸市交通局は同日午後5時から会見し、男の勤務状況などについて説明するとみられる。

https://i.kobe-np.co.jp/news/jiken/201904/img/d_12262425.jpg

神戸新聞

1986年2月に採用されたベテランであり、2015年4月に再任用され、現在は週4日勤務していたとのことです。

同市バスは年2回、健康診断を実施しており、昨年秋の健診では男に特段の異常はなかったとのことです。

キャリア40年近いベテラン運転手でかつ、健康診断も問題なくパスしていました。

さらに、

事故を起こした運転手について、市は「健康状況や持病の有無は確認中。ブレーキやアクセルを踏み間違う事故は過去にはない」と説明した。

一方で「乗客の転倒など、車内での事故が過去に3件あった」とも明らかにした。

神戸新聞

乗客の転倒など、車内での事故が過去に3件あった程度で、ブレーキやアクセルを踏み間違う事故は過去にはないと説明したそうです。

そんなベテランがなぜ今回のような事故を引き起こしたのでしょう…

大野二巳雄容疑者は以下の様に供述しています。

大野容疑者は警察の調べに対し、「信号の停止線までバスを発進させようとしたところ、ブレーキを踏んでいたにもかかわらず、バスが急発進した」などと話しているという。

日テレNEWS24

もし本当にバスの方に問題があったとなればとんでもない事態に発展しそうですね…

しかしながら、バスを管轄する神戸市交通局は

事故を起こした市営バスを管轄する神戸市交通局は会見を開き、「バスについては毎年の車検に加え、年4回の検査が行われていて、問題はなかった」と説明している。

日テレNEWS24

以上の様にバスには問題はなかったと主張しているとのことです。

今回のこの事故は、

・大野二巳雄容疑者の不注意による事故なのか。

・整備不良などでバスの方に問題があったのか。

この二点のどちらかによって今後の事件の方向性は変わっていきそうですね..

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットの反応は先日の、池袋で起きた事故での容疑者との報道のされ方に不満を抱いている内容が多いようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする