酸素簿ボンベのベビーカーが出火!?事件現場は!?ベビーカーに乗っていた若生樹織ちゃんが亡くなる…

東京・文京区のカフェで、ベビーカーから火が出て、乗っていた3歳の女の子が、やけどを負って死亡するという事件が発生しました。

以下、事件の詳細です。

スポンサーリンク

事件概要

20日午後、文京区本郷のカフェで、突然ベビーカーから火が出て、乗っていた3歳の女の子が、やけどを負った。

女の子は母親と一緒にいて、病院で治療を受けていたが、21日朝、死亡した。

目撃者は、「消防車がたくさんもう何台も来たので、煙とか火とかそういうものは、わたしが見た時には、何もなかった」と話した。

当時、店内では、高齢者や障害者向けの食事を作る料理教室が開かれていて、ベビーカーには、女の子が使っていた酸素ボンベが乗せられていた。

料理教室では火は使われておらず、警視庁は、酸素ボンベから発火した可能性もあるとみて調べている。

FNN PRIME

20日午後、文京区本郷のカフェで、突然ベビーカーから火が出て、乗っていた3歳の女の子が、やけどを負いました。

FNN PRIME

女の子は母親と一緒にいて、病院で治療を受けていたが、21日朝、死亡したとのことです。

目撃者は、「消防車がたくさんもう何台も来たので、煙とか火とかそういうものは、わたしが見た時には、何もなかった」と話したとのことです。

当時、店内では、高齢者や障害者向けの食事を作る料理教室が開かれていて、ベビーカーには、女の子が使っていた酸素ボンベが乗せられていたそうです。

料理教室では火は使われておらず、警視庁は、酸素ボンベから発火した可能性もあるとみて調べているとのことです。

FNN PRIME

スポンサーリンク

若生樹織ちゃん顔画像やプロフィール!?

現段階でのメディアの報道では、若生樹織ちゃんの容姿が確認できるものはありませんでした。

若生樹織ちゃんのプロフィール

・名前: 若生樹織(読み方:わこう きおり)

・年齢: 3歳

・住所: 東京・荒川区


現段階ではこれ以上の情報は不明です。

出火の事件が発生した、カフェの店内では高齢者や障害者向けの食事を作る料理教室が開かれていたとのことで、また、酸素ボンベの存在からも、若生樹織ちゃんは何かしらの病気や障害のハンデを抱えていた方の可能性がありますね..

*若生樹織ちゃんは摂食嚥下障害を抱えていた可能性が高いようです。(詳細後述)

スポンサーリンク

事件現場は!?カフェの名前と場所は!?

メディアの報道では、事件現場は文京区本郷のカフェとのことでした。

さらに、メディアの報道映像などと比較しまして、

FNN PRIME

事件現場は

〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目2−15 新興ビル 1F

kamulier cafe

である可能性が高いようです。

以下が地図になります。

この「kamulier cafe」では、ワークショップが行われていて、

事件当日の20日のごごからは、

摂食嚥下障害のあるお子様のための食事形態工夫教室というワークショップが行われていました。

「kamulier cafe」HP

若生樹織ちゃんは摂食嚥下障害を抱えていた可能性が高いようですね…

摂食嚥下障害とは!?

飲食物など食べるものを「認識し、飲みこむまで」が摂食嚥下(えんげ)です。

摂食嚥下(えんげ)とは、食物を認識してから口に運び、取り込んで咀嚼して飲みこむまでのことを意味します。
一般的に「嚥下(えんげ)」は、口の中のモノを飲みこみ、胃に送ることを意味し、「食べる」ことを意味するときには「摂食(せっしょく)」という言葉を使います。
飲みこむことだけが障害されていることを「嚥下(えんげ)障害」、食物の認知、口への取り込み、咀嚼(そしゃく)、食塊(しょっかい)形成などを伴って飲みこむことが障害されていることを「摂食嚥下(えんげ)障害」という言葉が使用されます。

引用サイト

どうやら、飲食物など食べるものを「認識し、飲みこむまで」を摂食嚥下(えんげ)というそうで、それら一連の流れが阻害される障害のようです。

スポンサーリンク

酸素ボンベから出火した原因は?

メディアの報道では、現段階では、出火の原因は判明していないとのことです。

当時、店内では、高齢者や障害者向けの食事を作る料理教室が開かれていて、ベビーカーには、女の子が使っていた酸素ボンベが乗せられていた。

料理教室では火は使われておらず、警視庁は、酸素ボンベから発火した可能性もあるとみて調べている。

FNN PRIME

事件当時、店内では火器の使用がないため、出火の火元が酸素ボンベの可能性が高いといわれています。

酸素ボンベが出火することなどあるのでしょうか…

そもそも酸素ボンベ自体が普段から馴染みのあるものではありませんね…

医療用のものは多少はサイズが小さめですが、それでも日常で携帯するのは大変そうです。

そんな酸素ボンベがいきなり、出火したら、たまったものではありませんね…

ネットじょうでは、酸素ボンベを勢いよく開けてしまい、調整機内部の温度が上がってしまったのが原因で出火したのでは?との声も上がっています。

なんにせよ早急な原因究明を望んでやみません…

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする