池田莉菜の顔画像!SNS・自宅マンション特定!?2歳娘を虐待死!?美人母親が藤原一弥(交際相手)と共謀か!?

2歳の娘に暴行を加えけがをさせたとして、札幌市の飲食店従業員の21歳の母親と交際する24歳の男が逮捕されるという事件が発生しました。

女の子の体には複数のあざがあり、その後死亡しましたとのことです。

以下、事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件概要

これは死亡した詩梨ちゃんが大好きだったというブロックのおもちゃ。以前通っていた保育園に来なくなって約1か月半。もう遊ぶ姿を見ることはできません。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、札幌市中央区の飲食店従業員・池田莉菜容疑者(21)と交際相手の、飲食店経営・藤原一弥容疑者(24)です。

 池田容疑者らは共謀して、5月上旬から6月5日までの間、池田容疑者の自宅などで、2歳の娘・詩梨(ことり)ちゃん(2)に暴行を加え、頭や顔、背中などにけがをさせた疑いがもたれています。

 5日午前5時ごろ、母親の池田容疑者が詩梨ちゃんの不調を訴え119番通報。

 消防がかけつけると部屋には池田容疑者と心肺停止状態の詩梨ちゃんがいて、その後死亡が確認されました。詩梨ちゃんの死因は衰弱死でした。

 近所の住民:「派手な女の人ではない普通の人。手をつないでいた。泣き声も聞いたことない」「普通の親子。男性は見たことない」

 ごく普通の親子に見えたという話がある一方で…。

 近所の住民:「最近1~2か月くらい、わーって泣いてた怒られたのか、でもそのうち泣き止んだから大丈夫だと思っていた」「ギャーって泣き声がすごかった。主人が言っていた。夜中。怒鳴り声はなかった」「娘は泣き声を何度か聞いたことがある。ぎゃーという普通の泣き声じゃない泣き方だったと」

 警察によりますと、詩梨ちゃんの体には広い範囲にあざがあり、日常的に暴力があった可能性も考えられます。

 保育園の関係者によりますと、詩梨ちゃんは出された給食を好き嫌いせず残さず食べる子で、年下の子に優しかったということです。

 保育園に通わなくなった1か月半で何があったのか…。

 警察は2人の認否を明らかにしていませんが、詩梨ちゃんの死因が衰弱死だったことから、池田容疑者らが食事を十分に与えていたのかなども含め詳しく調べています。

北海道ニュースUHB

 傷害の疑いで逮捕されたのは、

札幌市中央区の飲食店従業員・池田莉菜容疑者(21)と

交際相手の、飲食店経営・藤原一弥容疑者(24)とのことです。

 池田容疑者らは共謀して、5月上旬から6月5日までの間、池田容疑者の自宅などで、2歳の娘・詩梨(ことり)ちゃん(2)に暴行を加え、頭や顔、背中などにけがをさせた疑いがもたれているとのことです。

 5日午前5時ごろ、母親の池田容疑者が詩梨ちゃんの不調を訴え119番通報しました。

 消防がかけつけると部屋には池田容疑者と心肺停止状態の詩梨ちゃんがいて、その後死亡が確認されましたとのことです。詩梨ちゃんの死因は衰弱死だそうです。

スポンサーリンク

池田莉菜の顔画像!

メディアの報道では池田莉菜の容姿が確認できる報道は現在確認されていません。

情報に進展が入り次第、随時更新したいと思います。

しかしながら、SNSが特定されているとの噂があります。

以下にリンクを張っておきますので、気になる方は飛んで確認してみて下さい。

池田莉菜容疑者との噂のTwitter

池田莉菜容疑者との噂のTwitter

池田莉菜容疑者のプロフィール

・名前: 池田莉菜(読み方:いけだ りな)

・年齢: 21歳

・職業: 飲食店従業員

・住所: 北海道札幌市中央区南

現段階ではこれ以上の情報は不明です。

FaceBookのアカウントは現在特定には至っておりません。

参考に下記に参考に下記にSNSの検索結果のリンクを張っておきます。

池田莉菜のFaceBook検索結果

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

スポンサーリンク

自宅マンション特定!?

メディアの報道では、池田容疑者の自宅などで、虐待していたとのことで、

犯行現場は、札幌市中央区の自宅マンションとなります。

以下が池田容疑者の自宅マンションの地図になります。

北海道ニュースUHB

〒064-0810 北海道札幌市中央区南10条西13丁目3−29

「イルマーレ伏見」

JR札幌駅から近い場所にある、アクセスの良い立地で、家賃は8万円くらいはするマンションとのことです。

若いシングルマザーの人が自力で住めるようなマンションではないような気がしてしまいます。

スポンサーリンク

犯行動機は!?

メディアの報道では、池田容疑者の犯行動機は現在明らかにされていません。

しかしながら、被害者の詩梨ちゃんの全身には痣見つかっているとのことで、日常的に虐待を受けていた可能性が高いようです。

近隣に住む方の証言によりますと

派手な女の人ではない普通の人。手をつないでいた。泣き声も聞いたことない」「普通の親子。男性は見たことない」

 ごく普通の親子に見えたという話がある一方で…。

 近所の住民:「最近1~2か月くらい、わーって泣いてた怒られたのか、でもそのうち泣き止んだから大丈夫だと思っていた」「ギャーって泣き声がすごかった。主人が言っていた。夜中。怒鳴り声はなかった」「娘は泣き声を何度か聞いたことがある。ぎゃーという普通の泣き声じゃない泣き方だったと」

北海道ニュースUHB

とのことで、あまり目立たない部分んもある一方で、

やはり、日常的に虐待をしていたと感じる部分も多々あったようですね。

親が子供に虐待するのは、親自身の精神的ストレスに起因したものが多く、

お育てに対する不安や、パートナーとのすれ違い子供の夜泣き、などが主なストレス要因として挙げられます。

一度手を挙げてしまうと、それが日常的な行為となり、手を上げないということを聞かせられないという負のスパイラルに陥ってしまいがちです。

些細なことから、虐待はエスカレートしていくようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする