福田富士雄容疑者の顔画像!!勤務先特定!?事件現場は!?犯行動機が酷い!?葛飾区でひき逃げの男が逮捕!?信号無視を7回!?

東京・葛飾区でワゴン車を運転中に信号無視を繰り返し、バイクに衝突してそのまま逃げたとして、会社員の男が逮捕されるという事件が発生しました。

以下、事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク



事件概要

危険運転傷害などの疑いで逮捕されたのは、葛飾区に住む建設関連会社の社員・福田富士雄容疑者(43)です。福田容疑者は先月31日の午前5時半ごろ、葛飾区の交差点で、ワゴン車を運転して赤信号を無視して直進し、50歳の女性が運転するバイクと衝突してそのまま逃げた疑いがもたれています。女性は肋骨の骨を折るなどの重傷を負いました。

警視庁によりますと、福田容疑者の車のドライブレコーダーには、信号無視などの違反をあわせて7回繰り返す様子が写っていたということで、福田容疑者は容疑を認め、「仕事に行くのに急いでいた」などと供述しているということです。

TBS NEWS

危険運転傷害などの疑いで逮捕されたのは、葛飾区に住む建設関連会社の社員・福田富士雄容疑者(43)です。

福田容疑者は先月31日の午前5時半ごろ、

葛飾区の交差点で、ワゴン車を運転して赤信号を無視して直進し、50歳の女性が運転するバイクと衝突してそのまま逃げた疑いがもたれているとのことです。

女性は肋骨の骨を折るなどの重傷を負ったそうです。

警視庁によりますと、福田容疑者の車のドライブレコーダーには、信号無視などの違反をあわせて7回繰り返す様子が写っていたということです。

福田容疑者は容疑を認め、「仕事に行くのに急いでいた」などと供述しているとのことです。

スポンサーリンク



福田富士雄容疑者の顔画像!!

メディアの報道では、福田富士雄容疑者の容姿が確認できる報道がなされていました。

以下が、それになります。

TBS NEWS

福田富士雄容疑者のプロフィール

・名前: 福田富士雄(読み方:ふくだ ふじお)

・年齢: 43歳

・職業: 建設関連会社の社員

・住所: 東京・葛飾区

現段階のメディアの報道では、これ以上の情報は不明です。

SNSのアカウントは現在特定には至っておりません。

参考に下記にSNSの検索結果のリンクを張っておきます。

福田富士雄のFaceBook検索結果

福田富士雄のTwitter検索結果

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

スポンサーリンク



勤務先特定!?

メディアの報道では、福田富士雄容疑者は建設関連会社の社員とのことでしたが、勤務先の詳細は明らかにされていません。

福田富士雄容疑者は葛飾区在住とのことで、

葛飾区内の建設会社の地図情報は以下のようです。

自分の住んでいる地域ならわざわざ車で出勤しないとも考られますが、

この中に福田富士雄容疑者の務める建設関連会社があるかもしれません。

スポンサーリンク



事件現場は!?

メディアの報道では、

事件現場は、葛飾区の交差点との情報のみで、詳細は明らかにされていません。

しかしながら、メディアの報道映像やネット上の情報をもとに事件現場が特定されたようです。

TBS NEWS

以下の地図が事件現場になります。

事件現場は、東京都葛飾区奥戸3丁目16番地にある交差点で、

葛飾区立南奥戸小学校が近くにあり、生徒の通学路としても使用さる道路のようです。

現場の交差点は信号があり、スクールゾーン設定もあるため、制限速度は30km/hです。

道も狭いために、普通はそこまでスピードを出さないと思われる通りです。

スポンサーリンク



犯行動機が酷い!?

メディアの報道では、

福田容疑者の犯行動機として、

容疑を認め、「仕事に行くのに急いでいた」などと供述しているとのことです。

仕事に遅刻しそうで焦っていたのでしょうか?

上記の地図で確認したように、事件現場は道幅も狭く、対向車とすれ違うのもやっとに思えます。

実際にはどの程度の速度での走行かは分かりませんが、仮にスピードを出していたのだとすれば、恐らくはブレーキも間に合わなかったことでしょう。

この地域一帯は制限速度は30km/hでありため、スピードを出していたのだとすれば、それも違反になりますね。

https://3.bp.blogspot.com/-D_LVgJq7RAI/WwJaRnJC5cI/AAAAAAABMLI/mu3_kHgmKxI1twRD9sVGfGU4zU91rs4JACLcBGAs/s180-c/jiko_seniorcar.png    https://2.bp.blogspot.com/-cbRJ-VZuEp0/Wn1Zxzq-t9I/AAAAAAABKPM/chRL6m4Nl2UoCNN2d_OpAjWky4YCLbAYwCLcBGAs/s180-c/jiko_chousakan.png

自動車での人身事故の場合、事故を引き起こした当事者には救護義務というものが生じるため、警察や救急への連絡も必須となります。

ひき逃げの場合は、それらの義務も違反しているためさらに問題になりますね。

ひき逃げは多くの場合、事故を引き起こしたことで焦り、恐怖して逃げるというケースが大半のようです。

事故を起こして気が動転することのないよう、日ごろから安全運転を心がけ、

万一、事故にあってもきちんとした対応ができるような冷静さを常日ごろから心がけたいものですね。

スポンサーリンク



ネットの反応

危険運転で厳罰にして欲しい。こういう奴は、野放しにするな。

見かけで人を判断するなとは言うけどこれは完全に犯罪者の顔。もう二度と 免許を与えない で欲しいけど、こういう悪人は無免許で運転するんだろう な。

これで時間も気にせず、仕事も行かなくてよくなった

自分の車のドラレコに違反動画が残ってたとは、墓穴を掘ったね。見たまん まの犯人でした。

仕事で急いでたなんて言い訳で、自分を少しでも正当化しようとしてるの  が、見え見えで、厳罰にするべき。 建設業の車はハイエースで、リヤテー  ルは見えづらいスモークがある、LEDタイプが多くて、やめてほしいし、  取り締まりを強化するべきだと思う。

遅刻か複数違反してひき逃げの上免許取り上げ。40にもなってどっちが大事 なのか判断つかないのかな

将来ドラレコは法改正で必須装備とし、簡単にデータが抹消できないように システム化すべきと考えます。そうすればあおり運転や逃走など少しは減  少するのではないかと思います!犯行の誘因を減らすといった「その気に さ せない」と言う防止対策も必要ではないでしょうか。

Yahoo! ニュース

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする