浜田慎一容疑者の顔画像は!?日本から海外(セブ島)へ殺人を指示!?犯行動機は!?妻を嘱託殺人で夫が逮捕!?

フィリピン中部のセブ島で、71歳の日本人女性が銃で撃たれ死亡した事件で、警察は、兵庫県神戸市に住む女性の夫を逮捕したとのことです。

以下、事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク



事件概要

殺人の疑いで兵庫県警に逮捕されたのは、神戸市西区に住む浜田慎一容疑者。去年8月、フィリピンのセブ島の路上で浜田容疑者の妻で現地に住む浜田純子さんが車を運転していたところ、バイクに乗って近づいてきた2人組に、突然、銃で撃たれ死亡した。

現地の警察は、フィリピン人の男女が純子さんの殺害を実行したとして捜査したところ、夫の浜田容疑者が日本から電話で2人に対し犯行を指示した疑いが浮上したという。

浜田容疑者は容疑を否認しているが、警察は、夫婦の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。

日テレNEWS24

フィリピン・セブ島で昨年8月、現地在住の会社社長、浜田純子さん(当時71歳)が射殺される事件があり、兵庫県警は13日、刑法の国外犯規定を適用し、夫の慎一容疑者(77)=神戸市=を殺人容疑で逮捕したとのことです。

県警は慎一容疑者が知人のフィリピン人に妻の浜田純子さんの殺害を指示したとみているようです。

浜田純子さんはセブ市に20年以上在住とのこと。

浜田慎一容疑者が始めたインテリア雑貨の販売・輸出会社を引き継ぎ、社長を務めており、従業員は約100人で、経営は順調だったということです。

兵庫県警捜査1課は金銭などを巡って浜田慎一容疑者と女性にトラブルがあったとみているそうです。

スポンサーリンク



浜田慎一容疑者の顔画像は!?

現段階でのメディアの報道では、浜田慎一容疑者の容姿が確認できるものはありませんでした。

浜田慎一容疑者のプロフィール

・名前: 浜田慎一(読み方:はまだ しんいち)

・年齢: 77歳

・職業: 無職

・住所: 兵庫県神戸市西区

現段階のメディアの報道では、これ以上の情報は不明です。

SNSのアカウントは現在特定には至っておりません。

参考に下記に参考に下記にSNSの検索結果のリンクを張っておきます。

浜田慎一のFaceBook検索結果

浜田慎一のTwitter検索結果

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

スポンサーリンク



事件現場は!?

メディアの報道では、

事件現場は、フィリピンのセブ島の路上とのことです。

以下が地図になります。

セブ島(マクタン島)と言えば、アジアでも屈指のリゾート地です。

そんなセブ島で血なまぐさい事件とは非常に悲しいですね。

スポンサーリンク



犯行動機は!?

メディアの報道では、

現在、浜田慎一容疑者の犯行動機は明らかにされていません。

金銭などを巡って浜田慎一容疑者と女性にトラブルがあったとみているとのことです。

被害者であり、妻の浜田純子さんは、インテリア雑貨の販売・輸出会社の社長を務めており、従業員は約100人で、経営は順調だったそうです。

https://4.bp.blogspot.com/-HLbZ2mwnnXQ/WdyDh4d1WsI/AAAAAAABHdM/r3LZrYBQr3MWfeibO1RyjmqTVCR6UMx9QCLcBGAs/s180-c/kaisya_desk1_syachou_woman.png

しかしながら、その会社は元は、浜田慎一容疑者が経営していたようです。

浜田純子さんは経営を引き継いだ形のようです。

https://3.bp.blogspot.com/--kY3YNmmOtQ/WCqrrVsB4uI/AAAAAAAA_tI/HIr1ciaiMeUoZG2Y8CfXXmIHVR1iMMI6QCLcB/s180-c/business_kaisya_tatamu.png

トラブルや揉め事が起こるとしたら、のかいしゃはもとは、はまだしんいちようぎそのあたりでしょうか?

ネット上では、保険金目的だとか、「ロス疑惑」という夫が愛人と共謀して殺し屋に殺人を依頼すること。などの憶測が飛んでいます。

今回のようにアジア、特に東南アジアでは殺人依頼の相場もかなり安く、5~10万円との噂もあります。

しかしながら、どのような理由があろうとも、結果は「夫が妻の殺害を依頼」。

この夫婦に何があったんでしょうか?

失礼ながら、若くもないご夫婦でありながら、2人寄り添いながらの老後が望めなかった程に寂しく悲しい夫婦だったんでしょうね。

とは言え、単なる憶測でしかありませんので、

今後の捜査の進展で犯行動機が明らかになることを期待してやみません…

情報が更新され次第、随時更新したいと思います。

スポンサーリンク



ネットの反応

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする